So-net無料ブログ作成

駅77_JR大森駅_100 [駅スタンプ]

111111_JR大森駅_077.jpgスタンプ設置場所:中央改札外
図柄:池上本門寺と大森貝塚
押印日:2011.11.11

今週は天気もよく、春らしくなってきたと思ったら、週末は天気はくずれる予報ですが、春らしいといえば春らしい。
さて今日は正式(自分の中で)なスタンプ収集開始から100個目のスタンプになります。(風景印や100名城スタンプを除く)
100個目はJR大森駅の駅スタンプです。
駅スタンプとしては77個目です。
押印状態がよくありませんが、ご了承下さい。



図柄には池上本門寺と大森貝塚が描かれている。
大森貝塚は初めて聞くが、調べてみると大森駅から線路沿いに大井町方面に行くとある。
Wikipediaによれば「アメリカ人の動物学者・エドワード・S・モースが、1877年(明治10年)6月19日に横浜から新橋へ向かう途中、大森駅を過ぎてから直ぐの崖に貝殻が積み重なっているのを列車の窓から発見し、発掘調査を行った。
1955年(昭和30年)3月24日には、国の史跡に指定された。モースらの発掘した貝殻、土器、土偶、石斧、石鏃、鹿・鯨の骨片、人骨片などの出土品は東京大学に保管されており、1975年(昭和50年)に全て国の重要文化財に指定されている。」とありました。
発掘にはモースの他にあのシーボルトの次男のハインリッヒ・フォン・シーボルト(通称「小シーボルト」と呼ばれているそうです)が関わっているとのこと。
なんだかちょっと行ってみたくなりました。



もう一つはご存知池上本門寺。
実は一昨日仕事で出たついでに行ってきました。
目的は本門寺の横にある池上梅園に梅見だったんですが、梅の写真は明日以降ということで。

池上本門寺といえば、自分の中では鬼平犯科帳の「本門寺暮雪」。
本門寺石段で鬼平が”凄い奴”に階段上から襲われ、あわやという時に柴犬に助けられるというストーリーで、TVでも第2シリーズで映像化され印象的なシーンで覚えている。
実際にロケに使われた場所は京都の粟生光明寺の石段。
そのイメージがあったので、実際行ってみると急な勾配で、こんな場所で斬り合いをするのは難しいんじゃないのと思いつつ、石段を上がって行きました。
2012.3.17池上本門寺1.jpg

2012.3.17此経難持坂.jpg

2012.3.17石段の説明.jpg

ここにも加藤清正が。。。

階段を上り切ると右手に日蓮聖人像がありました。
制作は北村西望先生。
といえば誰もが知っている長崎の平和祈念像を制作した人ではありませんか。
2012.3.17日蓮聖人像.jpg

仁王門
2012.3.17池上本門寺2.jpg

大堂
2012.3.17池上本門寺3.jpg

間口15間、奥行16間、棟高27.27mの鉄筋コンクリート造。
これでも十分に大きいのだが、ホームページによれば旧大堂は間口25間の大建築で、「清正公が兜をかぶったまま縁の下を通ることができたと伝える。その壮観さを江戸の人々は「池上の大堂」と称し、これに対して、上野(寛永寺)は中堂、芝(増上寺)は小堂と呼んだという。」(池上本門寺ホームページより)
だから大堂というのかな?

ところで石段の脇にはサクラ(カンザクラ?カワヅザクラ?)が満開でした。
2012.3.17サクラ1.jpg

2012.3.17サクラ2.jpg


nice!(56)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 56

コメント 5

楽しく生きよう

落ち着いた中にも威厳があると言うんでしょうか。

by 楽しく生きよう (2012-03-17 10:04) 

ため息の午後

急な階段を登れば広々とした境内に巡り合えるのですね。
階段を染める桜、華やかです(笑)。
by ため息の午後 (2012-03-17 19:51) 

zucky

楽しく生きようさん、nice&コメントありがとうございます。
凛とした雰囲気とでもいうのかな。
by zucky (2012-03-18 00:30) 

zucky

ため息の午後 さん、nice&コメントありがとうございます。
石段の脇に1本だけサクラが満開なのでこの時期、とても映えますね。
by zucky (2012-03-18 00:38) 

Cialis 20mg

沒有醫生的處方
cialis patent expiration http://kawanboni.com/ Cialis prices
by Cialis 20mg (2018-04-14 00:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。